お知らせ

社会保険平成23年度の国民年金保険料が改訂されました

2011.03.30 印刷

 平成23年度の国民年金保険料が4月分より変更となります。変更後の金額は以下の通りです、

 

平成22年度国民年金保険料  月額15,100

平成23年度国民年金保険料  月額15,020

 

 国民年金保険料は毎年280円づつ引き上げられていき、平成29年度に月額16,900円になった時点で頭打ちとなることが決定しております。しかし今回保険料は80円引き下げられることとなりました。その理由は、保険料を決定する際に保険料改定率というものを掛けるからです。

 

保険料改定率というのは簡単に説明すると、物価の変動や実質賃金の変動を加味して計算された比率のことです。賃金が引き下げられ、物価も下がっている状態では、それに合わせて国民年金保険料も安くなるのです。

 

 ちなみに保険料を前納すれば国民年金保険料は安くなります。国民年金保険料の支払いは日本に住所を有している以上、義務となります。納める金額を少しでも少なくしたい方は検討してみると良いかもしれません。

 

一年分前納(納付書)   177,040

一年分前納(口座振替)  176,460

半年分前納(納付書)    89,390

半年分前納(口座振替)   89,100

 

日本年金機構「国民年金前納割引制度」

 

 

和田会計事務所 社会保険委員会

ICSシステムへログイン

※顧問先様専用のシステムとなります。

ご利用規約お問い合わせ